本文へスキップ

医療関連感染対策活動を支援する HAICS

HAICS(ハイクス)研究会とはprofile

HAICS研究会は医療関連感染制御を支援するNPO法人です

 HAICSとは
HAICS(Healthcare Associated Infection Control Support)研究会は感染対策の専門家が集まり「医療関連感染制御活動」の支援を目的として2006年4月に特定非営利活動法人として創設されました。
当研究会は、医療機関の感染制御体制整備を様々な側面から支援する可能性を検討し、それを具体的な事業として企画・構築することを目指しています。
 理事長挨拶
HAICS(Healthcare Associated Infection Control Support)研究会はわが国における医療関連感染制御活動を支援する団体として2005年から活動を始め、2006年に特定非営利活動法人の認可を受けました。
  主な活動は、手術部位感染(SSI)や中心ライン関連血流感染(CLABSI)をはじめとする病院感染サーベイランス実施への支援です。  サーベイランスは、感染症の発生にかかわるデータを継続的に収集して、分析結果を必要とする人に提供するものです。 医療関連感染を減少させるためになくてはならないシステムです。厚生労働省の省令においても、それぞれの病院での感染症の発生状況の把握と報告を求めています。 HAICS研究会では感染制御の専門家である医師、現場での活動経験の豊富な感染管理認定看護師(CNIC:認定ICN)によりその施設にもっとも適したサーベイランスの実施を支援しています。
  HAICS研究会のその他の事業としては、感染管理認定看護師教育課程修了者のための集中講座や認定ICN(CNIC)のキャリアディベロップメント講座などを毎年行っています。 さらに在宅・介護施設、眼科領域、歯科診療などにおける感染制御にも積極的に取り組んでいます。
  日本の医療施設での感染制御を様々な角度から支援していますので、ぜひ皆様の施設でもHAICS研究会の取り組みを活用して頂きたいと思います。 2010年8月(2018年7月一部改変)
 

理事長 大久保 憲

沿革

 2004年12月 大久保憲、廣瀬千也子、大久保和夫らにより感染制御活動を支援する団体の設立を協議
 2005年2月 第1回メディカルアドバイザリー(MAC)委員会開催
 2005年3月1日 任意団体・医療関連感染制御サポート研究会(HAICS研究会)設立
 2006年4月17日 特定非営利活動法人(NPO法人)認証取得
 2017年4月 大久保憲に替わりMAC委員長に森兼啓太就任
 

組織・役員

役職 名前 その他
理事長 大久保 憲 東京医療保健大学名誉教授
平岩病院院長
副理事長 大久保 和夫 事務局長
理事 内村 次郎 花王プロフェッショナルサービス(株)
理事 洪 愛子 神戸女子大学
理事 渋谷 智恵 日本看護協会
理事 中尾 潔貴 (株)ジーシー
理事 長谷川 素美 (株)メディカ出版
理事 松本 謙一 サクラグローバルホールディング(株)
理事 森兼 啓太 山形大学医学部附属病院
監事 中澤 茂 エー・エス・ピー・アウトソース(株)
学術担当 渋谷 智恵 日本看護協会
事務局 浅野 節子  

倫理規定ならびに個人情報保護方針

NPO法人HAICS研究会が実施するすべての活動、調査、研究ならびにそれらの発表に関しては、外部委員を含むHAICS倫理委員会でその倫理的適当性を検討しています。
 HAICS研究会がその活動に伴って入手する個人情報や個別の施設情報については、その活動の目的のみに用い、断りなくそれ以外の目的に用いたり第三者に開示したりすることはありません。

contents